DXフリーランス専門エージェント|リモプル

Webデザイナー の求人・案件一覧

Webデザイナー とは

WebデザイナーはWebページの作成において、デザインの部分を担当する仕事です。企業ホームページのほか、LPなどのコンテンツ作成やコーディング作業など、業務内容は多岐に渡ります。主に使うソフトはPhotoshopやillustratorで、特にフリーランスにおいては幅広い知識とスキルが必要です。

  • ポジション

  • スキル

  • こだわり

  • フルリモート 高単価

    【急募!】ECサイトのデザイン業務

    20 〜 40 万円/月

    2〜3

    ポジション
    Webデザイナー
    使用ツール・
    言語
    XD/Figma Photoshop/Illustrator
    必須スキル

    ・デザインの実務経験
    ※ECサイトのデザイン経験がなくてもエントリー可です

    <尚可スキル>
    ・楽天、Yahoo、AmazonなどECモールに関わったご経験

    業務内容

    ・同社クライアントのECサイトのデザイン業務となります。
    ・クライアントは大手から中小企業まで様々です。
    ・クライアントの業種も美容系、単品通販など様々です。
    ・業務内容としては、ECサイトに纏わるデザイン全般となります。
    ・ディレクター、コーダーと連携し、デザイン業務を進行いただきます。
    ・同社はECコンサル企業です。

    詳細を見る
  • フルリモート

    ヘルスケア案件のグラフィックデザイナー募集

    20 〜 40 万円/月

    3〜5

    ポジション
    Webデザイナー その他
    使用ツール・
    言語
    Photoshop/Illustrator
    必須スキル

    ・グラフィックデザイナーとしての実務経験

    <尚可>
    ・ヘルスケア関連の仕事に携わった経験

    業務内容

    ・同社クライアント(製薬会社)のグラフィック資材のデザイン業務となります。
    ・資材としては、ポスター、パンフレット、冊子、リーフ、スライド等となります。
    ・同社アートディレクターの指示のもと、グラフィック資材デザイン、レイアウト、入稿データ作成(場合によりデザインアイデアだし)などをお願いします。
    ・社内スタッフ(クリエイティブ、営業、ライター等)との連絡確認などもお願いします。
    ・業務内容詳細は別途面談時にお伝えさせて頂きます。

    詳細を見る
  • フルリモート 高単価

    自社サービスに携わるWebデザイナー募集

    15 〜 40 万円/月

    2〜5

    ポジション
    Webデザイナー UI・UXデザイナー Webディレクター
    使用ツール・
    言語
    XD/Figma Photoshop/Illustrator
    必須スキル

    ・Photoshop/Illustrator/XDなどを使用したWebデザインの実務経験
    ・バナーのデザイン実務経験
    ・グラフィックデザインの実務経験

    <尚可スキル>
    ・Webディレクション経験

    業務内容

    ・同社提供の自社サービスのデザイン業務をお願いしたいです。
    ・自社開発されたチャットボットプラットフォームを運営しております。
    ・業務内容としては、販促物を中心にバナー、サービス資料などのデザインに携わって頂きます。
    ・デザインレギュレーションなどもございますので、OJTにて共有させて頂きます。
    ・社内営業、ディレクターと密に連携し、デザイン業務を進めて頂きます。
    ・ディスカッションもありますので、密なコミュニケーション連携が必要です。

    詳細を見る
  • フルリモート 高単価

    ECサイト運営業務(デザイン中心)

    30 〜 60 万円/月

    3〜5

    ポジション
    Webデザイナー Webディレクター マークアップコーダー
    使用ツール・
    言語
    XD/Figma Photoshop/Illustrator
    必須スキル

    ・ECサイト運営業務の実務経験
    ・デザインの実務経験

    業務内容

    ・ECコンサル企業にてクライアントECサイトの運営業務となります。
    ・業務内容詳細としては、商品登録、サイト制作、デザイナー業務などとなります。
    ・クライアントは大手ナショナルクライアントから中小企業まで様々となります。
    ・複数のプロジェクトを担当して頂きます。
    ・社内外のクライアント、ディレクター、コーダーとコミュニケーションをとりながら業務を進めて頂きます。

    詳細を見る
  • フルリモート 高単価

    LP・バナーのデザイン・コーディング業務

    30 〜 60 万円/月

    3〜5

    ポジション
    Webデザイナー マークアップコーダー
    使用ツール・
    言語
    XD/Figma Photoshop/Illustrator JavaScript HTML/CSS WordPress
    必須スキル

    ・デザイン、コーディングの実務経験
    ※ECサイトの経験は必須ではございません

    業務内容

    ・ECコンサル企業にてクライアントECサイト、LP、バナーのデザイン、コーディング業務となります。
    ・クライアントは大手ナショナルクライアントから中小企業まで様々となります。
    ・商材も健康食品、消費財、アパレル、化粧品、食品など様々となります。
    ・プロジェクトを複数担当して頂きます。
    ・社内外の方々とコミュニケーションをとりながら業務を進めて頂きます。

    詳細を見る
  • フルリモート 高単価

    NFTマーケットプレイスのデザイン業務全般

    50 〜 100 万円/月

    4〜5

    ポジション
    Webデザイナー UI・UXデザイナー
    使用ツール・
    言語
    XD/Figma Photoshop/Illustrator
    必須スキル

    ・Webサイトのデザイン実務経験
    ・UI/UXデザインの実務経験
    ・XDを使用したデザインの実務経験
    ・デザインの意図を伝えることができる

    <尚可>
    ・グラフィックデザインの実務経験(バナー/ポスター/ロゴなど)
    ・ブロックチェーンなどの最新技術への興味

    業務内容

    ・NFTマーケットプレイスのデザイン業務全般をご担当いただきます。
    ・ブロックチェーン関連サービスの管理画面の設計/デザイン制作を行っていただきます。
    ・その他、新規サービスの設計/デザインもお願いしたいと考えています。
    ・ブロックチェーンを使った新サービスの開発、運営に一から関わってもらいたいと考えています。

    詳細を見る
  • フルリモート 高単価

    自社モバイルサービスのデザイン業務全般

    30 〜 60 万円/月

    3〜5

    ポジション
    Webデザイナー UI・UXデザイナー
    使用ツール・
    言語
    XD/Figma Photoshop/Illustrator
    必須スキル

    ・Photoshop/Illustrator/XDでのデザイン実務経験
    ・バナーデザインの実務経験

    業務内容

    ・同社が提供するモバイルサービスのデザイン業務全般をご担当いただきます。
    ・広告バナー、ゲーム内アイコン、ポスター等のデザイン制作を行っていただきます。
    ・将来的には、アートディレクション、サービスのブランディング設計、企画などの役割を担っていただきたいと考えています。
    ・ゲーム内/各広告媒体向けバナーデザイン、アイテム画像などゲーム内パーツデザイン、ゲーム内UIデザイン

    詳細を見る
  • フルリモート 高単価

    NFT自社サービスのUI/UXデザイン業務

    50 〜 90 万円/月

    3〜5

    ポジション
    Webデザイナー UI・UXデザイナー フロントエンドエンジニア マークアップコーダー
    使用ツール・
    言語
    XD/Figma Photoshop/Illustrator JavaScript HTML/CSS WordPress
    必須スキル

    <必須スキル>
    ・UI/UXデザイナー,WEBデザイナーとしての実務経験
    ・コーディングスキル

    業務内容

    ・NFTをメインにした自社事業のUI/UXデザイン業務となります。
    ・スマートフォンアプリ、WebアプリケーションアプリのUIデザインを行います。
    ・エンジニアやディレクターなどと打ち合わせを行いながらデザインを行います。
    ・WEB3やメタバースで非常に注目度の高い企業となっております。
    ・業務詳細は面談の際、改めてお伝えさせて頂きます。

    詳細を見る
  • フルリモート

    【時短OK】SNS広告バナーのデザイン業務

    20 〜 30 万円/月

    3〜5

    ポジション
    Webデザイナー UI・UXデザイナー
    使用ツール・
    言語
    Photoshop/Illustrator
    必須スキル

    <必須スキル>
    ・Photoshop、Illustrator、Premiere、aftereffectの使用経験
    ・バナー、LPデザインの実務経験

    <尚可>
    ・コーディングの実務経験

    業務内容

    ・自社SaaS(国内・海外)サービスとマーケティング事業を展開する上場企業となります。
    ・今回はSNS広告(Facebook、Instagram、LINEなど)のデザイン業務となります。
    ・併せてLPデザイン業務もお願いします。
    ・案件詳細は面談時にお伝えさせてください

    詳細を見る
  • フルリモート 高単価

    ECサイトのデザイン業務

    25 〜 50 万円/月

    4〜5

    ポジション
    Webデザイナー UI・UXデザイナー
    使用ツール・
    言語
    XD/Figma Photoshop/Illustrator
    必須スキル

    ・ECサイトデザインの実務経験

    <尚可スキル>
    ・楽天、YahooなどECモールに関わったご経験

    業務内容

    ・同社クライアントのECサイトのデザイン業務となります。
    ・クライアントは大手から中小企業まで様々です。
    ・クライアントの業種も美容系、単品通販など様々です。
    ・業務内容としては、ECサイトに纏わるデザイン全般となります。
    ・ディレクター、コーダーと連携し、デザイン業務を進行いただきます。
    ・同社はECコンサル企業です。

    詳細を見る
  •  
6
6

Webデザイナー とは

WebデザイナーはWebページの作成において、デザインの部分を担当する仕事です。企業ホームページのほか、LPなどのコンテンツ作成やコーディング作業など、業務内容は多岐に渡ります。主に使うソフトはPhotoshopやillustratorで、特にフリーランスにおいては幅広い知識とスキルが必要です。

フリーランスWebデザイナーについて

■フリーランスのWebデザイナーとは

フリーランスのWebデザイナーは自身でサイトを作成して運用するか、クライアントから貰った仕事をこなすのが基本です。クライアントから仕事を受ける場合、多くの企業が業務委託契約を提案してくるでしょう。契約書をよく読んで契約し、クライアントの意向を読み取りながら仕事をこなす必要があります。

・フリーランスのWebデザイナーになるメリット
Webデザイナーの中には、フリーランスで活躍している方も多数います。フリーランスのWebデザイナーになるメリットは、以下の通りです。

1.スキル次第で年収を上げられる
2.時間や場所にとらわれず仕事ができる
3.自分の知識や経験を活かせる

1つ目のメリットとしては、スキル次第で年収アップが期待できる点が挙げられます。会社員の場合は急に給料を上げるのは難しいですが、フリーランスの場合には単価の良い仕事を獲得できれば、年収をアップさせられるでしょう。
2つ目のメリットは、時間や場所にとらわれずに仕事ができる点です。自宅やカフェなどで自由に仕事ができるため、時間を有効に使えます。3つ目のメリットは、自分の知識や経験を活かせる点です。今までの経験を活かした仕事をすれば、クライアントから評価して貰うこともでき、自信にも繋がるでしょう。

・フリーランスのWebデザイナーになるデメリット
フリーランスのWebデザイナーには多くのメリットがある一方で、実は以下のようなデメリットもあります。メリットとあわせ、デメリットも理解した上で独立をしましょう。

1.自身で案件を獲得する必要がある
2.会社員のような安定感はない

企業に所属しているWebデザイナーと大きく違うのは、自身で営業をかける必要がある点です。近年では、フリーランス向けの求人サイトなどもあるため、自身の条件に合ったクライアントを探して応募しましょう。
仕事を獲得するのは難しいですが、フリーランスはスキルや努力次第で年収をアップさせられるのも魅力です。ただし、会社員と比較すると安定感はありません。契約を切られるリスクも考え、複数の企業と契約を交わしておきましょう。

■フリーランスのWebデザイナーは需要がある?

Webデザイナーは「やめとけ」などと言われるケースもありますが、これからも需要があると言われています。

・需要は十分にある
近年では、オンラインマーケティングが主流になってきており、Webデザイナーの仕事も増えてきています。Webサイトの作成に注力している企業も少なくないため、今後もWebデザイナーの需要はあると考えられるでしょう。
従業員の中に専門知識や技術を持つ人がいないケースもあり、そのような場合にフリーランスのWebデザイナーは重宝されるはずです。ただし、経験や実績がなければ企業からの受注は難しいでしょう。逆を言えば、自分の力を上手くアピールできれば経験豊富なフリーランスは非常に強く、需要も十分にあると考えられます。

・やめとけと言われる理由
Webデザイナーは、「やめとけ」などと言われるケースもあります。その理由としては、一般的なサラリーマンと比較しても年収が上がりにくく、残業が多くなりがちな点が挙げられるでしょう。ただし、年収や残業は会社員だから言えることです。
フリーランスの場合には自分で働く時間を決められるほか、受注する案件次第では高収入も得られます。

■Webデザイナーの求人・案件

フリーランスのWebデザイナーとして活躍するなら、求人や案件のチェックは欠かせません。ポイントを押さえ、自身にとって良い案件が獲得できるようにしましょう。

・案件は豊富にある
オンラインマーケティングが主流になる中で、Webサイトに力を入れる企業は非常に多くあります。これから、新規でWebサイトを立ち上げたいと考える企業も少なくないでしょう。そのため、Webデザイナーの求人や案件は豊富に出回っています。
各業界でWebデザイナー関係の求人が出ているため、フリーランスでも案件の獲得は十分可能な状況です。社内にデザイナーがいない場合は外注を選択せざるを得ませんが、その際に個人(フリーランス)に依頼する企業は意外と多くあります。
企業が個人を選ぶのは、フリーランスの方が依頼費用が安価な傾向にあるためです。ただし、フリーランスの中でも経験の豊富な人材を選ぶため、実績がなければ選ばれません。ライバルも多いため、案件獲得には努力も必要です。

・求人を見る際のポイント
求人をチェックする際は、以下のようなポイントをチェックしましょう。

1.契約内容・形態
2.契約期間
3.報酬(年収・月収)
4.納期
5.来社・ミーティングの有無

Webデザイナーはクライアントとの密な打ち合わせが必要なため、ビデオ会議や来社が必要になるケースもあります。完全在宅で仕事を進めたい場合には、来社ではなくオンラインミーティングで打ち合わせができる企業を選びましょう。
契約内容については業務委託契約が多いものの、中には契約を結ばずに依頼をする企業もあります。その際は、支払いや契約内容について別途、聞いておくのがおすすめです。

■Webデザイナーが取っておきたい資格

Webデザイナーに関する資格は多数あります。自身のスキルアップとしてはもちろん、クライアントからの信用を得るためにも、多くの資格を獲得しておきましょう。

・Webデザイナー検定
Webデザイナー検定は、一定の条件のもとでコンセプトメイキング・制作・テスト・評価・運用などを行うため、合格するためには知識と経験が必要です。基本から応用まで必要な知識が詰まった検定なので、受けておいて損はありません。
ベーシックとエキスパートがあり、それぞれ出題内容や難易度が異なるため、自身のレベルにあったものを受けましょう。クライアントへの実力アピールをしたい場合にもおすすめの資格です。

・ウェブデザイン技能検定
ウェブデザイン技能検定は国家資格なので、より実力をアピールしやすいのが特徴です。Webに関する資格の中で唯一、厚生労働省が認定する資格のため、Webデザインの知識を幅広く取得したい方は受けてみましょう。

・Webクリエイター能力認定試験
Webクリエイター能力認定試験は、Webサイトのデザインおよびコーディングの知識を求められる資格です。デザインだけでなくコーディングの知識もつけられるため、幅広い案件を受注したい方は受けておきましょう。
エキスパートとスタンダードがあり、どちらも実践的な技術や知識を身につけられます。「リモートWebテスト」も可能なため、気軽に受けられるのもメリットです。

・アドビ認定プロフェッショナル試験
アドビ認定プロフェッショナル試験は世界共通資格なので、海外の方と仕事をしたい人にもおすすめの資格です。Photoshopやillustratorなど、ソフトごとに試験科目が独立しています。Adobe製品が用いられるシーンは多いため、持っておくと信頼にも繋がりやすいでしょう。
Adobeの資格には、Photoshopクリエイター能力試験やIllustratorクリエイター能力認定試験などもあるため、余裕があれば一緒に取得しておくのがおすすめです。

・ITパスポート
ITパスポートは国家資格で、パソコン全般のスキルが求められます。Webデザインに特化した資格ではありませんが、余力があれば取得しておくと良いでしょう。特に、フリーランスでは幅広い知識や技術が求められるケースもあるため、パソコンに関するスキルは持っておいて損はありません。

・マルチメディア検定
マルチメディア検定は、IT系の知識を求められる検定なので仕事の幅を広げたい人におすすめです。デザインだけでなく、マーケティングや運営サポートなど、作成したWebサイトと深く関わりながら仕事を獲得できるようになります。
ベーシックとエキスパートの2つのレベルがあり、エキスパートの合格率は30%程度です。ベーシックは比較的難易度が低いため、他の資格とあわせて勉強してみましょう。

■Webデザイナーが身につけたいスキル

Webデザイナーは、デザインだけでなくプログラミングやマーケティングなどの知識も必要になってきます。フリーランスの場合は、仕事の幅を広げるためにも豊富なスキルを身につけておきましょう。

・デザインスキル
Webデザイナーにおいて、デザインスキルは必須です。文字の色やフォント、大きさなどのバランスを踏まえた上で、Webサイト全体のデザインを設計します。
フリーランスの場合は、同僚など他の人の意見を聞くこともできないため、自身で最後まで完結できなければなりません。以下のようなソフトを扱えるようにしておき、クライアントの意向に柔軟に対応できるようにしましょう。

1.Adobe Photoshop
2.Adobe Illustrator
3.Adobe XD
4.Figma

全てのソフトが必要なわけではないため、使いやすいソフトのスキルを深く身につけるのがおすすめです。ただし、受注する案件によってはソフトが指定されているケースもあります。Photoshopとillustratorは特に良く使われているため、必ず習得しておきましょう。

・プログラミングスキル
プログラミングスキルがあると年収、月収のアップに繋げられます。最低限のコーディングを行うためにHTML/CSSは必ず身につけ、プラスでJavaScriptやjQueryなども習得しておくのがおすすめです。
コーディングができることで、仕事の幅も広がります。また、WordPressなどよく用いられるCMSを使いこなせれば、案件獲得率がアップするでしょう。

・UI・UXに関するスキルや知識
フリーランスのWebデザイナーの場合はデザインだけでなく、UIやUXに関するスキルや知識は必須です。企業であればUI/UXデザイナーがいるケースがほとんどですが、フリーランスの場合にはWebデザインとあわせて依頼されるケースも少なくありません。
UIやUXに関するスキルを身につけ、実際にサイトを構築しながらスキルアップを目指していくと良いでしょう。ユーザーの立場から、デザインやUI/UXについて考えられるようになると、より良いWebサイトが作成できるようになります。

・Webマーケティングスキル
Webサイトをデザインする際は、SEOを意識して設計することがほとんどです。より多くのユーザーに閲覧されるサイトを構築するためにも、SEOなどマーケティングスキルも必要になってきます。
Google AnalyticsやGoogleサーチコンソールなど、関連ツールもある程度使えれば、デザインだけでなく運用後のサポートも行えるようになるでしょう。Webサイトの運用において、データの収集や分析は非常に重要なため、ツールが使えると強みになります。
デザインだけでなく周りのスキルも固めておくことで、幅広い案件が獲得可能です。単価の高い案件を獲得できれば、大幅な年収のアップも狙えるでしょう。

■フリーランスは厳しい?Webデザイナーの仕事の取り方

フリーランスは厳しいと思われがちですが、案件は豊富にあります。今後、まだまだ注目されていく部分の仕事なので、フリーランスとして活躍しながら年収を上げるチャンスは十分にあるでしょう。

・フリーランスの始め方
フリーランスのWebデザイナーとして案件を獲得するためには、準備が欠かせません。自身のスキルや実力をアピールできるポートフォリオは必ず用意しておき、求められた際に提示できる体制を整えましょう。
また、案件を受注するための求人サイトには複数登録しておくのがおすすめです。1つのサイトに頼るのではなく、いろいろなサイトで仕事を探してみてください。
フリーランスの場合には、自身で営業をかけて仕事を獲得する必要があります。よって、Webデザインやコーディングの知識はもちろん、営業スキルも身につけておかなければなりません。最低限のビジネスマナーを守り、積極的に営業をかけていきましょう。

・案件獲得までの流れ
案件獲得までの基本の流れは、以下の通りです。

1.ポートフォリオ・自作サイトの作成
2.サイトに登録
3.応募
4.スキルチェック
5.必要に応じて面談
6.採用

まずは、ポートフォリオや自作サイトを作成しましょう。応募の際に必要なケースが多いほか、採用前にポートフォリオを求められることもあります。いつでも提示できるように、ポートフォリオは複数用意しておくのがおすすめです。
準備が整ったら求人サイトに登録し、自信が求める条件に合う案件に応募します。その後、クライアントからのスキルチェックが入り、合格すれば採用です。クライアントによっては面談を求められることもあるため、応じられるように準備しておきましょう。
採用されたら、いよいよ仕事スタートです。納期を必ず守り、ビジネスマナーに注意しながら仕事を行いましょう。こまめな返信や丁寧な連絡、納期を守るなどは最低限のマナーです。顔の見えない相手だからといって、適当な対応をしないように注意してください。
ポートフォリオの準備やサイトへの登録、応募はフリーランスへの第一歩です。上記のようなことを守りつつ、自身にとって条件の良い案件の獲得を目指しましょう!